エクササイズコーチでダイエット

エクササイズコーチでダイエット

ダイエット

炭水化物抜きダイエット

投稿日:

ダイエットを始めたきっかけは、会社の健康診断で去年よりもウエストが太くなり、体重も増えていることに気付いたことです。あらためて鏡で全身を見てみたところ、体にしまりが無く、全体的に肉がついているように感じました。

自分ではいつもと変わらない生活をしているつもりでも、年齢とともに代謝が落ちているのだな、と痛感しました。

このまま放置したら、多分もっと太ります。服のサイズがワンサイズ上がってからでは痩せるのをあきらめてしまう!と思い、取り返しのつくうちに本気でダイエットをしようと決心しました。

ダイエット前の食生活

ダイエットを始める前は、完全に炭水化物中心の食生活でした。朝はおにぎり、昼はパスタ、夜は冷凍食品など。

毎日帰宅が遅く、家では疲れて料理をする気力がありません。キッチンは狭いし、料理をした後の洗い物も面倒なのでレンジで温めればすぐに食べられる冷凍麺を冷蔵庫に常備し、それを毎日食べていました。

手軽にお腹いっぱいになれてそれなりに安いものを選んでいたら、全然野菜がとれない生活になってしまったので、野菜ジュースやサプリを飲んでつじつまを合わせていました。
ダイエットにあたり、さすがにこんな偏った食生活はまずいと思い、改善しようと思いました。

ちょうど世間では「低糖質ダイエット」がブーム。炭水化物や糖質を抜いて、ダルダルの体からソフトマッチョな素敵な体に生まれ変わった芸能人のCMを見て、「炭水化物を食べなければとりあえず痩せられる」と解釈。炭水化物抜きダイエットに挑戦することにしました。

 

炭水化物の代わりに何を食べるか


決心したは良いものの、いきなり「炭水化物の代わりに何を食べればいいのか分からない」という壁に直面。

これまではパン1つ買っていれば済んでいたので、別のものが思い浮かびません。

パンが食べられないなら野菜サラダやパウチされたチキンを食べればいいじゃない、と一瞬思いました。

しかし、満腹感を得られる量を買うとなるとかなりコストがかかります。

200円で済んでいた食事が確実に500円は超えることになり、毎食これを続けるのは経済的に無理がありました。

かといって時間がかかる自炊もしたくないのです。スーパーの食品コーナーをぐるぐると回りながら考えあぐね、結局、キャベツや豆腐など、安くて調理しないで食べられるものを主食にすることにしました。

完全な糖質オフだと体とお財布が持たないと思ったので、バナナは糖質ですが食べてOKとし、ごはんやパンは食べないようにしました。

 

ダイエット開始後の体の変化

「炭水化物抜きダイエット(キャベツ&豆腐ダイエット)」を始めて数日は何事もなく普通に過ごせました。

「このまま楽に痩せられるかも」と思ったのも束の間、体の変化に気付きました。お通じの回数が明らかに減ってしまったのです。元々2日に1回くらいのお通じだったのが、4~5日に1回、ひどいときは1週間に1回も出ないことも。

キャベツで食物繊維を取れている気になっていましたが、そもそも食べる量が減っているため便通が少なくなったようなのです。
炭水化物抜きダイエットをして体重が減ると思いましたが、入るものが少なくなった分出るものも少なくなり、結局体重は変化なし。便通が悪くなったことで、肌の調子が悪くなり気分もすっきりしないという悪循環になってしまいました。

 

結論

結局「ダイエットはバランスの取れた食事と適度な運動が大切である」という、小学校の家庭科の教科書に書いてあるような結論に落ち着き、「炭水化物抜きダイエット」はやめてしまいました。

ラクして痩せる方法は無いんだな、と身を持って知りました。

 

安いパーソナルジムはエクササイズコーチはお勧めです。

-ダイエット
-

Copyright© エクササイズコーチでダイエット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.